グレイヴの基本能力やスキル解説(1.24対応)



今回はグレイヴの紹介です。グレイヴではないようです。
なお、アップデートによっては修正が入らないことがありますので。


1.グレイヴの基本

【難易度:中級】【ポジション:ジャングル】【役割:戦士】

このゲームでも最凶クラスのアビリティ〈アフターバーン〉を使う。ジェットパワーで突撃し、敵を切り裂くと同時に戦術上危険な位置へ吹き飛ばすのだ。集団戦では、範囲ダメージを与える薙ぎ払いと〈血の歌〉の体力吸収効果により、きわめて倒しにくい難敵となる。

序盤はジャングラーとして使い、レーンに顔を出しては敵を味方ヒーローやタレットのほうへ突き飛ばすという戦い方がおすすめ。


ヒーロー能力【雑魚散らし】

グレイヴの攻撃がクリティカル命中すると、前方4メートルの円錐状の空間を薙ぎ払う。

基本ステータス
体力814-2046武器80-154
エナジー220-440攻撃速度100%-113%
アーマー30-86範囲2.6
シールド30-86移動速度3.3



2.スキル

スキルA:アフターバーン

指定した方向へ自らロケット推進で飛んでいき、軌道上にいる敵全員にダメージを与える。次の通常攻撃は強烈な衝撃波に置き換わり、対象を5.5メートル後方へ吹き飛ばして、少しの間だけ気絶させる。
能力値レベル1レベル2レベル3レベル4レベル5
クールダウン2220181610
エナジー消費110120130140150
ダメージ
CP130%
100150200250300


スキルB:ツイストストローク

パッシブ:基本攻撃のクリティカル発生率と薙ぎ払いによる範囲ダメージが増加。

起動:直ちにクリティカルヒットを発生させる。この攻撃は武器ダメージを与え、基本攻撃として扱われる。ただし、クリスタル力があれば追加でクリスタルダメージも与える。薙ぎ払いはミニオンに対してはダメージが半減する。
能力値レベル1レベル2レベル3レベル4レベル5
クールダウン12111098
エナジー消費3540455055
薙ぎ払いダメージ30%35%40%45%65%
クリティカル率9%13%17%21%25%
クリスタルダメージ
CP120%
00000


ult:ブラッドソング

パッシブ:グレイヴは基本攻撃を行うか、基本攻撃を受けると「ブラッドソング」をスタックする。スタック数に応じてボーナスの体力吸収効果を受ける。最大スタックは20。

起動:5.4mの円形の範囲内に斧を振り回し、ブラッドソングのスタック数に応じて大きな範囲ダメージを与える。全スタックを消費する。
能力値レベル1レベル2レベル3
クールダウン161616
エナジー消費405060
基本ダメージ
CP110%
100200300
ダメージ/スタック
CP2%
101520
体力吸収/スタック1%1%1%


3.ヒーローの使いこなし

ジャングルで活躍するヒーローです。最近ではレーン運用も定番になっており、ロームで運用することもあります。
攻撃とスキルの組み合わせの連続攻撃でダメージを与えるタイプで、張り付いて地道にダメージを与えるのではなく、一気に勝負をつけるタイプです。
赤ビルドが定番であり、鉄板です。

スキル配分は、赤・ロームで552、青で543。
ただし、青では火力が不足するなど、ネタ的要素が強くなります。

グレイヴの強みは、アフターバーンです。
このスキルが敵のガンクや逃げにとても有効であり、敵を動かすスキルはフィンのフォースド・アコードだけです。
ロームの場合にはまずレベル5にします。

アフターバーンが上手く使えるかどうかがグレイヴが使えるかのターニングポイントともいえます。
個人的には、グレイヴを使った時にいかにレーンをガンクして成長遅らせることができるか、がポイントです。


ツイストストロークは単純にクリティカル攻撃のこと。
赤ビルドではまずレベル5にします。
スキルレベルを上げることで、クリティカル発生率と薙ぎ払いダメージが上がるのが実はポイント。

通常攻撃 → アフターバーン → 通常攻撃 のAAキャンセルを身につけることが必須です。
これで一気にダメージが蓄積されます。


ブラッドソングは、ツイストストロークのあとの通常攻撃後に発動するなどして、使い一気に畳み掛けることに使っています。
ブラッドソングやアフターバーンは周辺ダメージを与えるので、タカがカクで隠れていても炙り出せるので有効なスキルです。
基本的にはスタックを20までためて使うこと、回復は期待しないことが大事で、割にダメージが出ますが、頼りにはしません。

青ならレベル3にしますが、通常はレベル2止めです。


グレイヴはとにかく接近戦で勝負。これで負けてはいけません。
ただし、敵がクラルであるとスタックで火力が落ちていくので、アトラスの肩甲を使う、スタックがたまってきたらアフターバーンで逃げてスタックを消して交戦するなどの工夫もいります。

クリティカルで戦いますので、ダメージを出すためにはまずは武器威力が一番上がるサロウブレードです。
そして、タイランツ・モノクルを積むのが吉。
そこに、トルネードトリガーでクリティカルダメージの上乗せをするもよし、ブレーキングポイントでスタックを貯めてさらに強化するも良しです。
体力は高いですが、アーマー・シールド値が低いので、思った以上に打たれ弱いので防具は必要です。


ロームで運用する場合は、いかにアフターバーンで敵をガンクするかが勝負ですので、クロックワークは必須です。
ここまで育てると、ロームとしては高い火力があり、敵をバンバン飛ばせるので脅威となります。
ただし、アフターバーンで敵を上手く飛ばせないときには、ロームとしての価値はほとんどありません。

ビルドは、

赤なら、サロウブレード、タイランツ・モノクル、トルネードトリガーorブレーキングポイント
状況によっては、ブレイジングサーボ止めで、タイランツ・モノクルをもう一つもあり。
蛇仮面は火力が上がらないので、4つ目としてはあり。
敵が防御を固めている状況ならボーンソーもありですね。

ロームなら、再生の泉のあとにクロックワークを積むか、せめてエナジーバッテリーを積むのがおすすめでしょうか。
クロックワークがないと活躍があまりできませんので。

ビルドを考えるなら全アイテム一覧が便利です
うまくなりたい方は → tier7までの方へ。うまくなるポイントをまとめます