ライムの基本能力やスキル解説(1.23対応)


今回はライムの紹介です。
なお、アップデートによっては修正が入らないことがありますので。


1.ライムの基本

【難易度:中級者向け】【ポジション:ジャングル】【役割:メイジ】

ライムは、卓越した氷の魔法を使う年老いたウィンターメイジ。移動速度は遅いものの体力が高く、クリスタルによって生み出されるスキルダメージ、効果も恐ろしい。レーンでも活躍できるものの、スキルの射程や近接攻撃タイプであることから、おすすめポジションはジャングルとなっている。


ヒーロー能力【フロストガード】

ライムが与えるあらゆるダメージは相手を凍えさせて、ライムの最大体力の20%を上限としてライムに強化体力を付与する。(ヒーロー以外からは獲得量が減少)
ライムの基本攻撃は15-54(+90%クリスタル力)の追加クリスタルダメージを2秒間与え、この効果で与えたダメージの25%を強化体力として獲得する

凍えが適用された標的に基本攻撃が当たると60%のスロー効果を与える。これは徐々に減少して0.6秒でなくなる。

※ 強化体力は、消耗しきるまでに受けるダメージの50%を吸収する。

基本ステータス
体力739-1894武器80-154
エナジー220-462攻撃速度100%-136%
アーマー30-52範囲1.9
シールド30-52移動速度3.1



2.スキル

スキルA:冬の尖塔

指定した位置に氷で出来た尖塔を召喚し、周囲の敵にクリスタルダメージを与える。
少ししてから尖塔は崩れ、大きなクリスタルダメージを与える。
ライムは、このアビリティで与えたダメージの35%を強化体力として獲得する。

レーンにミニオンに対しては与えるダメージが減少する。ヒーロー以外からは獲得する強化体力が減少する。
凍えが適用された標的には25%の追加ダメージを与える。
能力値レベル1レベル2レベル3レベル4レベル5
クールダウン43.532.52
エナジー消費6060606060
範囲55.566.57.5
1段目ダメージ
CP100%
80120160200240
2段目ダメージ
CP140%
80120160200240
ミニオンへのダメージ
CP25%
90105120135165


スキルB:凍てつく風

円形状に冷気を飛ばし、瞬間的に大きなクリスタルダメージを与える(ミニオンには25%のダメージ)。凍えが適用された敵がこのスキルを食らうと、その場に「釘付け」状態になり、攻撃はできるものの移動ができなくなる。
能力値レベル1レベル2レベル3レベル4レベル5
クールダウン141312117
エナジー消費80859095100
ダメージ
CP40%
80120160200280
ミニオンへのダメージ
10%
8095110125140
釘付け持続時間0.60.811.21.4


ult:ヴァルキリー

古代のヴァルキリーを召喚し、指定範囲内にいる敵にダメージとスロー効果を与え、範囲の中心に近い位置にいる敵にはスタンと追加ダメージを与える。
能力値レベル1レベル2レベル3
クールダウン806550
エナジー消費100100100
中心部ダメージ
CP125%
250375500
端部ダメージ
CP100%
200300400
中心スロー持続時間34.56
端スロー持続時間234
スロー60%70%80%
スタン持続時間0.811.2


3.ヒーローの使いこなし

ここは1.16時に書かれたものです
1.14で登場した新ヒーローです。が、その後ほとんど姿を見ることがありませんでしたが、実のところかなり強いジャングルヒーローです。
大会でも使用されるなど個人的には注目しているヒーローであり、ランク試合でも使うことがあります。

冬の尖塔のおかげで、ジャングルのミニオン狩りは早く、序盤の交戦も強いです。
通常攻撃やスキルに強化体力がつくので、かなりタフで本当に厄介なヒーローになっています。
射程距離はレベルとともに上がりますが、敵に張り付いて戦うタイプになります。

基本は青。ロームや赤は見たことがほぼありません。
ジャングルが強いですが、レーンでの運用も可能。ただし、レンジ自体はそこまで広くないので、射程距離不足やポークのしづらさが目立つので、レーン運用はジャングルヒーローを何にするのかは考えたほうがいいと思います。
スキル配分は、543。


冬の尖塔がメインのスキルです。
崩壊ダメージをいかに敵に与えるかがポイントです。
敵がレンジなら遠くに、敵がメレーなら自分の直ぐ側に。

この崩壊ダメージが与えられるようになるとライムは強くなります。
また、攻撃も合わせて行い強化体力を得るように心がけましょう。

ポーク目的で、ガンガン使いたくなるスキルなんですが、そうしているとエナジーがさっさとつきてしまいますので要注意。
タレット回りの交戦では、敵はタレットに張り付くので、そこに冬の尖塔を打ち込んで崩壊ダメージを与えるようにしましょう。
敵はその周辺に近寄れないので、厄介な攻撃となります。


凍てつく風は連発やダメージはでませんが、敵の足止めができる便利なスキル。
この足止め中は敵は攻撃してきます。
ただ、動けないので、冬の尖塔の崩壊ダメージや、ultヴァルキリーを当てるなどのコンボに利用しましょう。
レベル5にするとクールダウンが7秒に短縮されますが、1.16では4止めですね。


ヴァルキリーは発動のタイミングが遅く思った以上に当てにくいスキルになっています。
中心部にスタン効果があるので、うまい人はスカーフのultを止めるなど使っています。
スロー効果も長いので、出来る限り敵多くを中心部に巻き込みたいです。

ですので、アーダンのガントレットで囲んだタイミングや敵がやる気満々で突っ込んできた時、スタンさせられたときなど当てられる状況での使用がベスト。
敵が弱腰になってきた時に使うと、逃げる敵に当たりません。
ダメージは出ますが、案外、使いにくいのが実情ではないでしょうか。


ライム自身は一撃の火力は残念ながらそこまでありません。
ただ、その攻撃で得る強化体力が心強く、相手からすると「いくら攻撃しても倒れない!」となって恐怖です。
おまけに、油断すると冬の尖塔での崩壊ダメージ、凍てつく風での足止めなど、様々なスキルがあり、戦いにくい。

この良さを活かすためには、敵に張り付いて、通常攻撃を繰り出しながら戦う方法が有効です。
ただし、アーマーとシールド値が47とあまりにも低いので、防具を購入しないと割に蒸発してしまうヒーローです。
ですので、タフさを意識して防具を2つ積むと敵からはとても嫌がられます。

通常攻撃にクリスタルダメージが乗るので、初手ブロークンミスが有効になるようです。
初手イーブ・オブ・ハーベストにする方がいるのですが、火力が乗らないのでおすすめではありません。
フロストバーンを積むとスロー効果もあるので、張り付きやすくなりおすすめです。

ビルドは、基本青で、ブロークンミス、イーブ・オブ・ハーベスト、フロストバーンorシャターグラス、イージス、メタルジャケットorアトラスの肩甲、ブーツ といったところでしょうか。
ガンガン火力を積むのもいいと思いますが、相手から倒されない!というビルドの方が終盤強いように思います。

ビルド順は、

クリスタルビット → クリスタルビット×2、スプリントブーツ、エナジーバッテリー → ライトアーマーorライトシールド → ブロークンミス → トラベルブーツ、防具 → イーブ・オブ・ハーベストorフロストバーンorシャターグラス

という感じで、敵に合わせて防具を積むタイミングが大事になってきます。
防具なしでも十分に戦えると思いますが、ないと集団攻撃されると一瞬で溶けますのでご注意を。

ビルドを考えるなら全アイテム一覧が便利です
うまくなりたい方は → tier7までの方へ。うまくなるポイントをまとめます