ランスの基本能力やスキル解説(1.24対応)



今回はランスの紹介です。
なお、アップデートによっては修正が入らないことがありますので。


1.ランスの基本

【難易度:中級】【ポジション:ローム】【役割:守護者】

ランスは己の勇気と知恵で味方を守る。彼はポールウェポンと盾を使った独特の戦闘スタイルで敵の前線を突破し、味方に攻撃のチャンスを作り出す。クリスタルや実用アイテムでビルドすれば守護者として活躍できるが、武器アイテムなら戦闘でより多くのダメージを与えられる。

ヒーロー能力【パルチザンの技巧】

ランスの基本攻撃は通り道の全ての標的にダメージを与える。しかし彼の攻撃は当たるまでが遅く、攻撃速度増加による効果も減少する。
ランスのアビリティはエナジーの代わりにスタミナを使用する。エナジーやエナジー再生アイテムを購入するとスタミナとスタミナ回復が増加する。

最大スタミナ:100+20% 最大エナジー
スタミナ回復:15+50% エナジー再生


基本ステータス
体力810-2185武器96-179
エナジー0攻撃速度100%
アーマー30-86範囲4.5
シールド30-86移動速度3.3



2.スキル

スキルA:刺突

敵を貫き、武器ダメージを与えてその場に釘付けにする(最大1.6秒)。この攻撃が少なくとも1体の敵に当たると、直ちにアビリティから復帰する。
オーバードライブ:この攻撃が敵に当たると、コンバットロールのクールダウンがリセットされる。

能力値レベル1レベル2レベル3レベル4レベル5
クールダウン12111097
スタミナ消費3030303030
ダメージ
CP80% WP140%
120210300390480
ミニオンへのダメージ
CP60% WP60%
80120160200240
釘付け時間
CP0.15%
11111.3


スキルB:ガイシアの壁

パッシブ:直前に攻撃した敵の方向を向いたまま移動するようになる。この時、標的がいる方向からのダメージが最大50%まで減少する。

起動:ポールウェポンで敵を薙ぎ払って追いやり、武器ダメージを与える。攻撃を受けた敵は壁か設置物にぶつかると気絶する(最大1.6秒間)。その後、盾を構えて標的の方向からのダメージを最大90%まで大きく減少させる。

パッシブと起動のダメージ削減効果は、タレットに対して50%だけとなる。
オーバードライブ:起動中はあらゆる負の効果を受けなくなる。(全方向に対して)

能力値レベル1レベル2レベル3レベル4レベル5
クールダウン87654
スタミナ消費3030303030
ダメージ
CP80% WP100%
70105140175210
スタン持続時間
CP0.3%
0.60.70.80.91
パッシブダメージ削減
CP15%
10%12%14%16%20%
起動時ダメージ削減
CP15%
25%30%35%40%45%


ult:コンバットロール

指定した方向に向かって転がる。その後、2秒間、次に行う基本攻撃の速度が増加し、追加のクリスタルダメージを与える。

能力値レベル1レベル2レベル3
クールダウン864
スタミナ消費403530
ダメージ
CP60%
80140200


3.ヒーローの使いこなし

1.19段階で書いています。
1.18で登場したヒーロー。
通常攻撃力、防御力が高く、4.5mの遠距離攻撃&複数攻撃が可能と魅力的。
攻撃速度が遅く、攻撃速度アップ効果も減少するので、攻撃連打をされるということはあまりありません。

運用に関しては、ロームがほとんどで、ほんのたまに赤レーン運用を見ることがあります。
スキル配分は552で、AとBはどちらを優先するかは好みのようです。
自分はBスキルを優先して上げています。


刺突は足止めをすることが脅威のスキル。
前に進みながら、遠距離を叩くので思った以上に逃げる敵には届きやすい。
ので、逃げるなら後ろではなくて、ランスを中心とした円状に。

足止めは複数可能なので、レーンへのガンク、敵キャリアを動けなくさせてガンクなど、使用範囲は広い
ただし、前に進むので、接近した敵には当てられないのがネック。
また外すとその場で少し硬直するので、それもネック。


ガイシアの壁は、敵の吹き飛ばし&壁でスタンがある優秀にスキル。
ダメージ軽減&デバフ効果防ぐのもあるので、タレットの砲撃を防ぐなどいろいろと使いみちがある。
ブラックフェザーの薔薇の革命のような感覚でブロックするように使うのもあり。

ただ、、、こうしたデバフ効果も移動が伴わいのとロームという位置取りであればそれほど気にすることもないのが現実でしょうか。
真骨頂は、壁に押し付けてのスタンです。
狭い場所での交戦で、複数の敵をスタンさせる可能性があるので、優秀。

ただし、当てる向きを考えないと敵が逃げるのを補助したり、効果のないことになります。
ブーツダッシュからのガイシアの壁はかなり有効です。

あと見逃せないのが、移動効果で敵のスキルをずらすことです。
キャサリンの容赦なき追跡、ジュールのロケットリープ、アダージオの裁きの詩など、いろいろなものを吹き飛ばすことが可能です。
これにより味方への被害を防ぐことができます。


コンバットロールは、ロームではほぼ壁抜けの用途以外には機能しない能力だと思います。
となると、壁抜けを練習しておくことによってエースを取られることを防ぐことができます。
コンバットロールは思った以上にスキル使用後の硬直があるので、そこからガイシアの壁につなげるなどのコンボも難しく、正直?な能力です。


ランスは序盤からの攻撃力と耐久力を誇るので、ジャングルが荒らされにくい、むしろ荒らしに行けるくらいのスペックがあります。
エナジーの概念ではないので、スキルもバンバン使える点も嬉しい。
ただ、スキルはすべて自由照準ですので、どう活かすかが問われているロームで、使い方が悪いと全然活躍ができません。

レーンの補佐に行けば、遠距離攻撃のメリットを活かしてハラス可能で、相手からは嫌がられます。

ランスの現状の評価ですが、聞く限り「ランスロームはOP」という意見が圧倒的です。
が、個人的には、たしかに2対2のジャングル交戦などでは強いが、3対3の集団戦では空気となって生き残り要員化、という評価です。

ガイシアの壁は敵を移動させるので、集団戦の時にはあまり活きないし、全般的にダメージが出せないので、無視したらおしまい。
敵に勝手に食い下がるけど、、、脅威でも何でもないので、敵はキャリアーにガンクを決めるでしょう。

この評価が適正かどうかはわかりませんが、アーリーゲームの展開でないと活かすのは難しいでしょうし、味方がきちんと火力をだすというのが前提であり、戦況を左右する力はありません。
味方がだめ、というよりも、互角であるなら、ランスピックがむしろマイナスに影響することもあります。

アーリーに特化しないとかなり厳しいのではないかなと思います。


そうはいっても、例えば、スカイのように飛び回る相手に対して刺突は活きますし、クラルがいればガイシアの壁でスタックを貯めにくくするなど、敵との相性がいいヒーローもいるので、

とにかく活かし方、ここになると思います。その点で、とても難しいプレイスキルが必要なヒーローだと思います。


ビルドは、再生の泉、ウォー・トレッド、アトラスの肩甲といったロームアイテムを揃えていくのが定番となっています。
赤だと、サロウブレード、タイランツ・モノクル、トルネードトリガーといった感じでしょうか。
火力はかなり出ますが、攻撃速度が遅いのをどう補っていくかが立ち回りの基本になると思います。

ビルドを考えるなら全アイテム一覧が便利です
うまくなりたい方は → tier7までの方へ。うまくなるポイントをまとめます