ベイングローリー2.1のリーク情報 ~新ゲームモードとバランス調整

※Vainglory2.0の時の記事です。

ベイングローリー2.1のアップデートは1週間以内に行われると思いますが、なかなかその情報が出てきませんね。
2.1のリーク情報は出ているので、それをちょっとだけ書いてみたいと思います。
具体的な数値などはリーク情報を調べてください。

この情報はあくまでも噂です。



2.1の新スキンとしては、ペタル、オゾ、スカーフ、ランスが予定されています。

新ゲームモードが出て来るかはまだわかりませんが、固まりつつあるようですね。
レベル9、6,000ゴールドでスタート。
15ポイント先取で勝利(キル1、タレット3、金鉱3、クリ鉱3)

新モードは「Blitz」だそうで、5分間で試合が決まるモードのようです!
5分経過時に同点だと、次のポイントで勝ちが決まる。


新ヒーローはメレー?ジャングラーっぽいですが、この段階で情報が出ていないと考えると、2.2での登場になりそうです。
ダメージを減らしたり、壁を作り出したり、、、何やらトリッキーなスキルになるのかな??


ヒーロー調整に関しては、

アーマーがだいたい86に揃えられるようです。
タカ、クラル、ライラ、フォートレスあたりが増強されて、アーダン、キャサリンのオーバーした部分が下げられる

グウェン、サムエル、青ケストレルはナーフを受けそうです。
グウェンは バックショット・ボナンザの威力も、能力の武器率も下がるので、優位性が下がりそうです。

ランスのガイシアの壁はクールダウンが1秒長くなり、デバフ無効がなくなる。
キャサリンはエナジー消費が増え、ストームガードのクールダウンが1秒伸び、サイレンス時間が減ります。

アーダンはヴァンガードと血には血をの射程が伸びる!
ライラは帝国の紋章の移動バフが増える。
ペタルのブランブルソーンの種のクールダウンが1秒から3秒に。

あとはタカ、スカーフ、フォートレス、ロナ、クラルあたりにバフが入る感じです。




印象としては、

キャプテンの能力差を平均化させて、どのヒーローを取ってもOKみたいな形にしているような気がします。
あとは戦術や相性で決めればOKのような。
ですので、2.0で猛威を奮っているキャサリンのストームガードはクールダウンが長くなります。

ランスはおそらくガイシアの壁のデバフ無効という意味だと思うのですが、キャプテンに対して使用するヌルウェーブガントレットをガイシアの壁で弾けていたのをなくす意図だと思います。
以前記事で書いたようにランスだけは喰らわなくなることが可能でしたから、その修正だと思います。

ライラはアーマー値が伸びると、タンク力も上がりますから、、、ピック率が上がるかもしれませんが魔導結界のスローがもっと欲しいところです。

今回の一番の注目は、メレーヒーローたちのアーマー値が上昇することです。
このことによって、レンジへのカウンターピックの可能性がどんどん上げていっていると思います。
レンジナーフですから。

となると、クラル、タカあたりも復活の予感・・・。
この2ヒーローはまったくピックされてませんもんね。


という感じで、リークだけですが、見る感じ、OPヒーローがナーフを受けて、トロールヒーローにバフが入るいいアップデートになるような気がします。
ただですよ・・・今で十分強いスカイはそれでも、、、ナーフが入らないというのが、、、運営に愛されているゆえんというか、スカイを使いこなせるようになれというメッセージなのかもしれません。

あくまでも噂ですので。信じないように。

ビルドを考えるなら全アイテム一覧が便利です
うまくなりたい方は → tier7までの方へ。うまくなるポイントをまとめます