アーダンの基本能力やスキル解説(2.5対応)

今回はアーダンの紹介です。
なお、アップデートによっては修正が入らないことがありますので。



1.アーダンの基本

【難易度:中級】【ポジション:両方】【役割:守護者】

アーダンは集団戦の行方を大きく変える可能性を持つ強力な守護者だ。仲間を確実にも見えるしから死からを救い出し、その地形すら変えてしまうほどのアルティメットによって戦況をひっくり返す。チームに大きな柔軟性をもたらしてくれるだろう。
序盤は守るべき味方に合わせて、レーンとジャングルのどちらを中心に行動するか決めるといいだろう。


ヒーロー能力【ジュリアの贈り物】

アーダンはダメージを受ける度に、今失っている体力の1.5%を回復する。ただし、回復量は受けたダメージの75%を上回ることはない。アーダンはエナジーの代わりに赤い「報復」ゲージを使用する。

報復ゲージは時間とともに溜まっていくが、基本攻撃やクリティカルヒット、スキルによっても上昇する。アーダンはエナジーを持たないため、ボーナスエナジー(5%)や、エナジー再生(50%)は、全てクリスタル力に変換される。

基本ステータス
体力801-1615武器80-140
エナジー450-890攻撃速度100%-136%
アーマー30-86範囲1.8
シールド30-86移動速度3.3



2.スキル

スキルA:ヴァンガード

味方に向かってダッシュして、周囲の敵にダメージとスロー効果を与える。さらに対象の味方の移動速度を一時的に増加させて、4秒間持続するバリアを与える。
このバリアはアーダンの追加体力の25%増加する。
対象となった味方がダメージを受けるたびに、アーダンの報復ゲージが上昇する。

このアビリティは自分自身に使用できるが、獲得するバリア、速度ブースト、報復ゲージは半減する。
オーバードライブ:ヴァンガードを味方に使用すると、報復ゲージが30%上昇する。
能力値レベル1レベル2レベル3レベル4レベル5
クールダウン1313131313
エナジー消費00000
範囲77778.5
ダメージ
CP120%
50100150200250
バリア5080110140170



スキルB:血には血を

前方に跳躍して標的に基本攻撃を行う。
血には血をは報復ゲージが100%の時にのみ起動可能で、ゲージをすべて消費する。

オーバードライブ:血には血をが25%の追加ダメージを与える。
能力値レベル1レベル2レベル3レベル4レベル5
クールダウン2020202020
エナジー消費00000
範囲55557
ダメージ
CP70%
3070110150190


ult:ガントレット
アーダンがガントレットを使って、ターゲットエリアに境界線を放射し、報復ゲージを満タンにする。境界線に交差した敵はクリスタルダメージを受け、スタンする。敵をスタンさせると報復ゲージが上昇する。
アーダンが活動領域から離れてしまうと、境界線は即座に破壊される。
ダッシュアビリティを使う敵は、壁を通過するのではなく、壁で止まるように変更

能力値レベル1レベル2レベル3
クールダウン11010090
エナジー消費000
ダメージ
CP350%
250375500
スタン持続時間111
持続時間468


3.ヒーローの使いこなし

ここは1.16時に書かれたものです
キャサリンと並び2大ロームヒーロー。
ランク試合では、ロームでかなりの確率でピックされるほどの鉄板。
赤ビルドでレーンやジャングルアーダンを見ることも割にあります。

スキル配分はロームなら543、ジャングルなら453でしょうか。

ヴァンガードの使い方がミソですね。
味方にバリア&ダッシュを与え、周囲の敵にはスロー&ダメージ。この特性をいかに使えるかです。
また、自分が味方までダッシュするので、敵から逃げるのにも利用できます。

タレットの砲撃から守る、味方をダッシュさせて逃げる(自分も逃げられる)、スカーフのult時にも有効な逃げ方法です。
序盤であれば、意図的にバリアを発生させて敵にダメージを与えます。
逃げる敵に使ってスローをかけるのもあり。

レーンに応援に行ってハラスのパターンは、血には血をからのヴァンガードのコンボ。この間に通常攻撃をいれましょう。


血には血をに関しては、ロームではそこまで活躍するスキルではありません。
ターゲット指定で確実にヒットできる&敵までダッシュするので距離を詰めるには有効です。
ストームガードの旗を購入してそこそこにダメージは出るかもしれませんが期待しない方がいいですね。

タレット回りの交戦で敵に追い打ちをかけて、自分がタレットの囮になっている間に味方が敵を倒すというのにも使えます。


ガントレットは敵をスタンの壁で囲い込む恐るべしスキル。
ただし、反射ブロックを発動させるとすり抜けが可能なので、敵のレベルやビルドによって過信はだめ。

囲い込むことによって、ヴォックスなどの集団戦が得意なヒーローには有利な状況が作れますし、敵全員ではなくて、2人だけ囲むなどして一人を蚊帳の外にする、敵の生き残りを閉じ込める、といった様々な形で使えます。
また、発動する場所によっては障害物を飛び越えることができるので、エース取られないように逃げるときにも有効。

上手い人は、ガントレットの発生時に壁に敵をひっかけます。(スカーフなどのultをスタンで防ぐ)
最初のジャンプ時にすきだらけなのでキャサリンにスタンを引っ掛けられることもあります。


ビルドは、
ロームなら、再生の泉をコアにして、あとは敵に合わせてウォーホーン、アトラスの肩甲、クルーシブル、シバースチールなどを積むといいです。
キャサリンと比べ火力が出ますので、ボーンソーという選択肢もありです。これなら敵を攻撃しつつ、敵のアーマーをガンガン削れるので味方のサポートになります。

赤なら、サロウブレード、タイランツ・モノクルあたりをコアに。
青なら、アフターショック、ブロークンミスあたりをコアに。

ビルドを考えるなら全アイテム一覧が便利です
うまくなりたい方は → レベルアップ講座
【カテゴリー】
HOME | 考察 | アプデ情報 | ヒーロー解説 | アイテム

【人気記事】
  1. (保存版)ベイングローリーの全アイテム一覧 v2.5対応
  2. ブログを終了します
  3. ヒーローのカウンターピック考察 1
  4. tier7までの方へ。うまくなるポイントをまとめます v2.0
  5. Vaingloryでアンロックするなら、おすすめのヒーロー9選!v2.5
  6. Vainglory(ベイングローリー)で使われる用語・略語のまとめ・解説
  7. ベイングローリーがうまくなるためのコツ
  8. ベイングローリーのランク階層の一覧とマッチングの仕組み v1.16
  9. バロンが武器5ビルド。これは流行る? v2.6
  10. Vaingloryの武器ダメージ計算シミュレーターを作りました v2.3