ケストレルの基本能力やスキル解説(2.6対応)

今回はケストレルの紹介です。
なお、アップデートによっては修正が入らないことがありますので。



1.ケストレルの基本

難易度:難しい 役割:ジャングラー

ケストレルは、遠距離から標的を暗殺する、ストームガードの優秀なアーチャー。
武器ビルドでは、ステルスを活かして安全に移動、再び持続的なダメージを与える。クリスタルビルドなら、ステルスの持続時間が増加し、より戦術的な行動が可能になるだろう。


ヒーロー能力【アドレナリン】

ケストレルは基本攻撃を当てる度に、アビリティのエナジー消費が10%減少する。
この効果は最大5回までスタックするが、6秒後には減少していく。

基本ステータス
体力615-1407武器64-130
エナジー404-492攻撃速度100%-136%
アーマー20-86範囲6
シールド20-86移動速度3.1



2.スキル

スキルA:グリマーショット

矢を放ち、矢は通り道にいた最初の標的に命中する。その後、矢が爆発して標的の後方の範囲にクリスタルダメージを与える。

・弾薬システム:再装填せずに複数回矢を放つことができる。2.7秒間、弓を使わずにいると再装填される
・攻撃速度に応じて装填時間が短縮される
・1段階目の攻撃が命中したときには基本攻撃の効果を適用する
能力値レベル1レベル2レベル3レベル4レベル5
クールダウン00000
エナジー消費6060606060
矢の最大数44444
基本攻撃ダメージ100%105%110%115%130%
範囲ダメージ
CP160%
306090120150
ミニオンへのダメージ
CP30%
306090120150



スキルB:アクティブ迷彩

即座に透明化して移動速度が増加する。さらに、自分がいた場所に見えない蛍光ミストを残し、そこを通った敵を可視化する。
1.2秒の起動時間経過後、ミストの内にいる敵ヒーローにケストレルがダメージを与えると、ミストが爆発し、範囲内の敵全てにダメージと0.8秒間のスタン効果を与える。

グリマーショットの攻撃の最初の部分を当てるとアクティブ迷彩のクールダウンが1.5秒減少する。
ただし、敵ヒーローから何らかのダメージを受けているとアクティブ迷彩は起動できず、2.5秒間のクールダウンが発生する。アクティブ迷彩が起動不可となる時間は、追加の武器威力に応じて減少する。
※ 定説では200の追加武器力があると即座に使えるようになるとのこと
※ グリマーショットの最初の部分とは、武器力が乗る部分。範囲ダメージの部分のほうが射程が長いがクリスタルダメージ。
能力値レベル1レベル2レベル3レベル4レベル5
クールダウン88886
エナジー消費160160160160160
ステルス持続時間
CP3%
1.51.51.51.52
速度ブースト
WP0.2%
11111
ミスト持続時間
CP1%
45678
ダメージ
CP270%
100120200250300


ult:一矢一殺

少しのディレイ後、ハルシオンフォルドの端まで飛んでいく1本の矢を放ち、通り道にいた最初の敵ヒーローか大型クリーチャー、設置物を攻撃する。敵ヒーローに当たると、そのヒーローは可視化され、ケストレルのアドレナリンスタックが最大になる。

なお、このアビリティの基本ダメージは武器ダメージであり、レベルを上げるとアーマー貫通性能を獲得する。
能力値レベル1レベル2レベル3
クールダウン554535
エナジー消費606060
ダメージ
CP260% WP120%
450625800
アーマー貫通10%20%30%
可視化持続時間246


3.ヒーローの使いこなし

1.18段階での評価です。

1.16までのアップデートでは、グリマーショットの弱体化、アクティブ迷彩の強化が行われました。
アクティブ迷彩を中心に戦うヒーローに方向転換と考えるといいと思います。

レーン、ジャングルのどちらでもいけますが、おびき寄せる形での交戦なので個人的にはレーンがおすすめ。ロームも以前見たことがありますが、おすすめしません。
スカーフの路線変更などがあったので、レーンヒーローとして再評価されてもいいと思っています。

赤・青どちらでもいけて、スキル配分は552でやっています。


グリマーショットがメイン火力ですが、4発しか持てず、クールダウン3.3秒間では通常攻撃もしてはいけませんので、「ちょっとまって」とうろうろします。
ミニオンが間にはさむと一気にダメージが落ちるのでレーンでの使用は要注意。
4発は連射できますが、できるなら通常攻撃をして能力でエナジー使用量を減らしてからの使用がいい。

赤ではクリティカルが乗るので、タイランツ・モノクルを2個積むととんでもなく強い・・・。
要は、当てられるかどうかにかかっています。


アクティブ迷彩は運営が注目しているスキルで、強化されてとても厄介になりました。
CP220%ですから、アクティブ迷彩の上でグリマーショットを受けると体力が半分減ることも。
攻撃されると2.5秒間のクールダウンが発生するので、攻撃を受ける前に使用できるかがポイントになります。

となるので、ケストレルはどちらかというとガンガン攻めていくタイプではなくて、待ち伏せをするタイプ。
相手が来そうなところに先に使っておいて、相手が来たら攻撃して発火。
ミスト時間はレベル4で7秒もあるので脅威。

相手から逃げる時にしようできたら、相手は追いかけてこないでしょう。
このアクティブ迷彩が上手く使えるかどうかが、ケストレルの分岐点だと思います。
敵にケストレルがいた場合は、ミストの上に「!」ピンを打つ、フレアを焚くなどの対策が必要となっています。

クラーケン取った時にタレット前にあるととても厄介ですし、お買い物中にそっとミスト焚かれている嫌ですし、ケストレル時間がミストの中にいても嫌ですね。
あと、青ビルドではステルス時間がとても長くなるので、相手の意表を突くのにも使えます。
エナジー消費が大きいので、能力のスタックがたまった状態で使いましょう。


一矢一殺は一撃必殺のアビリティ。アーマー貫通がつくので防具を積んでもダメージはガンガン通ります。
これも当てられるかどうか。
クールダウンはレベル3で35秒と短めなので、ガンガン使ってもいいかなと思います。
クラーケンや金鉱にフルダメージが入るようになりましたので、このスキルで横取りをしてみましょう。

基本的には、味方と交戦している敵に使ったり、逃げる敵のとどめに使ったり。
光線で予告が入りますが、案外避けられないものです。


ケストレルは接近戦に弱いヒーローです。
グリマーショットの火力はありますが、連射ではタイムラグがありますし、敵が動きながら攻撃すると当てにくい。
その前に矢を使っている何もできない。

ので、接近される前にアクティブ迷彩で防衛できるかが鍵。
グリマーショットだけでは火力不足感があるので、どうしてもアクティブ迷彩の爆破ダメージも当てることが必要です。
集団戦では味方がきちんとミストに誘導する戦い方をするかどうかで変わります。


赤は通常攻撃をからめながらグリマーショットでダメージを与えていき、ブレーキングポイントで火力を高めて、タイランツのクリティカルで押していく。接近にはアクティブ迷彩で防衛し、爆破させて、通常攻撃を絡めて倒していく。

青はアクティブ迷彩+グリマーショットで相手を倒していきます。
グリマーショットがなくなったら、アクティブ迷彩で矢を補充しながら敵を狙える場所を探す形がいいですね。
ステルス時間は10秒以上にもなり、ステルス中にアクティブ迷彩を再び使うことも可能。

独特の戦い方をするので、味方にもある程度の協力やプレイスキルが必要です。


ビルドは、

赤なら、サロウブレード、タイランツ・モノクル、タイランツ・モノクル、ブレーキングポイント
青なら、シャターグラス、シャターグラス、ブロークンミス、イーブ・オブ・ハーベスト


接近戦をさせないという前提で防具は反射ブロックだけくらいの覚悟がないと火力が出ません。
アクティブ迷彩の使い方が全てと言ってもいいかもしれません。
青ケストレルをどう対策するか v1.24
※Vainglory1.24の時の記事です。Vainglory2.0の登場で、ポークが主体の戦い方になると予想をしています。 メレ...
青ケストレルはそんなに強くないけど、ダブルレンジでは勝てない
※Vainglory2.0の時の記事です。配信を見ていると、赤ケストレルがナーフをくらったから、明らかに今パッチは青ケストレルが強い...

ビルドを考えるなら全アイテム一覧が便利です
うまくなりたい方は → レベルアップ講座
【カテゴリー】
HOME | 考察 | アプデ情報 | ヒーロー解説 | アイテム

【人気記事】
  1. (保存版)ベイングローリーの全アイテム一覧 v2.5対応
  2. ブログを終了します
  3. ヒーローのカウンターピック考察 1
  4. tier7までの方へ。うまくなるポイントをまとめます v2.0
  5. Vaingloryでアンロックするなら、おすすめのヒーロー9選!v2.5
  6. Vainglory(ベイングローリー)で使われる用語・略語のまとめ・解説
  7. ベイングローリーがうまくなるためのコツ
  8. ベイングローリーのランク階層の一覧とマッチングの仕組み v1.16
  9. バロンが武器5ビルド。これは流行る? v2.6
  10. Vaingloryの武器ダメージ計算シミュレーターを作りました v2.3