グレイヴとランスでピンボール

※Vainglory2.0の時の記事です。

1.24のアップデートでグレイヴのアーマーが強化されてだいぶ使えるようになりましたね。
このアーマーのハンデはかなりありました。
アーマーが普通になって、体力が2,046もあるのはありがたいです。

グレイヴの基本能力やスキル解説(1.24対応)
今回はグレイヴの紹介です。グレイヴではないようです。 なお、アップデートによっては修正が入らないことがありますので。


ちらほら・・・程度ですが、グレイヴを見るようになりました。
このグレイヴで面白かったのはランスと組んだ青運用でした。

ビルドはアフターショックとストーム・クラウンを主体としたビルドだったので火力は出づらいのがありますが。
アフターバーンとランスのガイシアの壁で相手をピンボールのようにガンガン弾くんです。
相手キャリーは、飛ばされてスタンさせられて、身動きが取れずその間に焼かれてしまう。

青の火力というのはどんな感じかというと、

アフターバーンは300+CP130%でクールダウンは5.2秒となります。
あの突撃は、スカーフのスピットファイアくらいの火力があります。

ツイストストロークは231+CP120%+WP150%ですので、そこそこに火力は出るんです。
周辺にはなぎ払いダメージが飛びます。
クールダウン4.2秒

ブラッドソングは700+CP150%(おそらく)ですので、火力がかなり出る大技になります。
クールダウン8.4秒






割に出るなという印象です。
ただし、これがポークスキルではなくて、直接攻撃になるので、かなり被弾してしまうのが難点です。
ピンボールグレイヴはクールダウンを早めることが主体なので、ストーム・クラウンとアフターショックでの火力はあまり期待はできません。
あとはここにテンションボウかブロークンミス、シャターグラスなどをビルドするイメージでしょうか。

火力を出すのは当然ながら赤キャリーです。
このキャリーがガンクされないようにグレイヴとランスがバンバン飛ばすわけですね。
ともに反射ブロックをしにくいし、数を撃ちますからどうしても敵は飛びまくります。

ネタのような感じでもありますが、息が合えば思う以上に強い、そんな印象でした。

【カテゴリー】
HOME | 考察 | アップデート情報 | ヒーロー解説 |