青リンゴとキャプテン・フォートレスの組み合わせ考察

※Vainglory2.0の時の記事です。

ジャングル・青リンゴがちょこちょこと見られるようになりました。
この青リンゴと合わせるのに、キャプテン・フォートレスは相性が良いなと思います。



青リンゴはエコーを使って地獄の火酒を連打するスタイル
エコーリンゴ登場!
※Vainglory2.0の時の記事です。 今巷を賑やかしているのが、を積んだ青リンゴですね。 青リンゴといえば、を積んでというのが...

シャターグラスをたくさん積みますが、それでもトワリングシルバーがあるので、そこそこに火力を出すことはできます。
131+CP80%が6秒間使えます。

この攻撃力を補佐するのに相性が良いのがキャプテン・フォートレス。
もちろんのこと、ブロークンミスを積んだフォートレスです。
フォートレスの群れの襲撃は流血バーストで一気に戦況を変えることができます。

バーストさせると致命傷を与えて、再生の泉の回復量を2/3に減らすこともできます。
流血バーストを成功させるのは攻撃連打ですから、青リンゴとの相性は抜群でしょうし、赤キャリーの攻撃連打も活かせる。






問題はポークができない構成であるという点でしょう。
実は、この構成でポークは必要なくて、リンゴの地獄の火酒を命中させて、群れの襲撃とともに突撃をするだけでよし。
このタイミングだけ。

ヌルウェーブガントレットを使われようとも関係ない。
ポークされても1撃くらっても問題ない。

突っ込めばいいんです。
オオカミの殺到は相手がポークしなくなるくらいの突破力があるし、優位に集団戦を運ぶことができます。
牙の真実の移動バフ、流血バーストのスロー効果もある。


もちろんのこと、群れの襲撃は駆け引き技ですから、集団戦に入ってから使用することも可能です。
青リンゴの地獄の火酒連打とブロークンミス積んだフォートレスの流血バーストはかなりやりづらいと思います。